住民票等への旧氏(旧姓)併記について

希望する方の住民票等に、「旧氏(旧姓)」が併記できます

 

   旧氏併記についての詳細はこちらをご覧ください。

      総務省HP「住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について」

 

旧氏(旧姓)とは

    「旧氏(旧姓)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。

    氏は、その人の戸籍または除かれた戸籍に記載されています。

旧氏が併記されるもの

   ・ 住民票の写し

   ・ 住民票記載事項証明書

   ・ 印鑑登録証明書

   ・ マイナンバーカード

   ・ 公的個人認証サービスの署名用電子証明書

   ※  旧氏併記すると、現在の氏と旧氏が上記の書類に必ず表示され、省略することはできません。

住民票等に旧氏併記するにはどうしたらいい?

   旧氏記載請求の手続きが必要です。

   市役所市民生活課、福島支所、鷹島支所で受け付けています。

必要なもの

   ・ 旧氏から現在の氏につながる戸籍謄(抄)本

   ・ 本人確認書類(免許証、マイナンバーカードなど)

   ・ マイナンバーカード(お持ちの方のみ)

   ・ (代理人による請求の場合)本人作成の委任状

請求できる人

   ・ 本人(および同一世帯員)

   ・ 代理人(委任状が必要)

その他

   ・ 併記できる旧氏は1人1つです。

   ・ 併記した旧氏で印鑑登録できます。

   ・ 一度併記した旧氏は、他市区町村に転入しても継続して併記されます。

   ・ その他ご不明な点は、下記までお問合せください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活課 住民係

〒859-4598
松浦市志佐町里免365番地

電話:0956-72-1111
ファックス:0956-72-5241
市民生活課へお問い合わせ

更新日:2021年04月21日