奨学金制度

松浦市では、松浦市民であって能力又は学習意欲があるにもかかわらず、経済的理由によって修学困難な方に対して、教育の機会均等と有能な人材を育成することを目的として、奨学金を無利子でお貸ししています。希望される方は下記のとおり出願してください。

出願資格(1)~(4)のすべてに該当していること

(1)本市に住所を有する方及びその子弟である方。(外国人を除く)

(2)高等学校以上の学校に令和3年度中に在学する方で下記に該当する方

高等学校等

高等学校・高等専門学校に令和3年度に在学する方で、 品行方正で健康であり、学校長から推薦された方。

大学等

大学・短期大学・専修学校等に令和3年度に在学する方で、品行方正、成績優秀で健康であり、学校長又は学長から推薦された方。

(3)経済的理由により修学困難であると認められる方。

(4)保護者等が市税(市民税・固定資産税・国民健康保険税等)を完納していること。

募集人員および貸与額

学校別募集人員および貸与額
学校別 採用人員 貸与月額
高等学校・高専(1~3年)  15名 15,000円
大学・短大・専修学校・高専(4・5年)  10名 30,000円

(注意)就学一時金および他の貸与型奨学金との重複貸与はできませんが、日本学生支援機構の給付型奨学金との併給は可能です。

募集期間

令和4年3月14日(月曜日)から令和4年4月15日(金曜日)(休業日は除く)

選考及び採否決定の通知

 願書等の内容を検討し、選考委員会(5月に開催)の審議を経て市長が採否を決定します。なお、選考結果は出願者に通知します。

貸付期間

令和4年4月分から高等学校又は大学等の正規の修学期間

 

返還方法

  • 期間:学校卒業の月の6か月後から10年以内。
  • 方法:月賦・半年賦(年2回)・年賦のいずれか。

納期内の返還にご協力ください(平成24年10月1日から、滞納分について年5%の遅延損害金を徴収しております)。
先輩の返還したお金が後輩の奨学金になります。
奨学金を借り終えたあとは、必ず返還しましょう。

松浦市奨学金の沿革

松浦市奨学金は、旧松浦市において、中興鉱業をはじめとする篤志の企業や個人の方からいただいた寄附金を元に、昭和49年に松濤奨学基金として発足しました。平成18年に旧松浦市・旧福島町・旧鷹島町が合併した際に鷹島町奨学資金と統合し、更に、旧福島町で中島徳松氏の寄附により奨学金事業を実施されていた財団法人中島徳松育英会の解散に伴い、平成23年1月に同事業を引き継ぐ形で寄附をいただき、現在に至っております。なお、平成25年度には松濤奨学基金の名称を松浦市奨学基金に改めております。

松浦市以外の奨学金制度等(注意)松浦市以外のホームページにリンクしています。

市の奨学金以外の奨学金制度

公益財団法人松藤奨学育成基金 お問合せ

電話番号 095-822-7165

遺児等のための奨学金制度

奨学金以外の融資制度等

関連情報

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 教育総務課 総務係

〒859-4598
松浦市志佐町里免365番地

電話:0956-72-1111
ファックス:0956-72-1115
メール:kyouikusoumu@city.matsuura.lg.jp

更新日:2022年04月06日