学校給食費について

学校給食費が公会計方式に移行します

 これまで学校給食費は、各学校で管理していましたが、平成31年4月から、松浦市の予算として管理する(学校で集金する方式から市への直接納付=公会計)方式に移行します。

【公会計導入の効果】
 〇 市の会計ルールに基づく管理運用となるため、一段と透明性や公平性が向上します。

 〇 児童・生徒が学校へ現金を持参することがなくなり、事故防止に繋がります。

 〇 保護者の皆さまが指定する口座からの振替納付が可能になります。

 〇 学校給食費に関わる教職員の負担軽減により、子どもと向き合う時間が確保されます。
 

 学校給食費の公会計化に伴い、納付方法の変更や給食の申込みの手続等が変わります。
 給食の概要や手続等については、以下のダウンロードファイルをご覧ください。

 口座振替依頼書は市内金融機関、市役所、学校に備えています。

更新日:2019年04月01日