感染症(インフルエンザ・新型コロナウイルス等)発生時の児童クラブの対応方針について

新型コロナウイルス感染症に係る対応については、状況が日々変化していることから、開所状況や対応などが変更になる可能性があります。ご了承ください。

感染拡大防止のためご協力をお願いします。

 利用児童が感染症(インフルエンザ・新型コロナウイルス感染症等)にかかったことが判明した際は、児童クラブへのご連絡をお願いします。

 職員または利用児童及びその家族が、感染症にかかった場合や新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と特定された場合は、感染拡大防止のため、保健所や医療機関から指定された期間(濃厚接触者の場合はPCR検査の結果が出るまで)は、児童クラブは利用できません。

 また、児童及び学校関係者が新型コロナウイルス感染症に罹患したことで、感染拡大防止のために臨時休業(又は学校閉鎖となった学級)となった小学校に所属する児童は、臨時休業(又は学級閉鎖)の期間中、感染の有無にかかわらず児童クラブは利用できません。

 

小学校 児童クラブ 
学級閉鎖 その学級の児童は利用できません。
学校閉鎖(臨時休業) 学校閉鎖(臨時休業)の校区の児童クラブを臨時休業します。

※事情があり校区外の児童クラブを利用している場合、通っている小学校が臨時休業(又は学級閉鎖)の期間中は児童クラブを利用できません。

児童クラブで新型コロナウイルス感染症が発生した場合

 利用児童又は児童クラブ職員等が新型コロナウイルス感染症に罹患したことが判明した場合には、施設の消毒の徹底を図る必要があるため、児童クラブの一部又は全部を3日~14日程度、閉所いたします。(規模・期間については保健所等の関係機関と協議し、決定いたします。)

 

 

閉所の決定は、急なご案内になることがありますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

児童クラブにおける個人情報の保護について

 感染者等が発生した場合の閉所の対応により個人が特定され、感染者や濃厚接触者の方に対する偏見や差別に繋がることのないよう、十分配慮いたします。

利用者の方につきましても、SNSやその他様々な場面における誹謗中傷につながることのないよう最大限のご配慮とご協力をお願いいたします。

長崎県HP「新型コロナウイルス感染症関連誹謗中傷等対策などについて」

新型コロナウイルス感染症発生時の対応手順(保育所等、放課後児童クラブ)

参考:『新型コロナウイルス感染症対策マニュアル(保育所・認定こども園・幼稚園・放課後児童クラブ用)』長崎県福祉保健部こども政策局こども未来課 2020年3月

新しい生活様式(ライフスタイル)の実践

利用者の皆様には、これまでも十分にご注意をいただいているところですが、「3つの条件が重なる場(3密/換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、近距離での会話や発声をする場面)できるだけ避けていただくとともに、「新しい生活様式(ライフスタイル)」の実践をお願いいたします。

今後も、施設内の感染拡大防止のため、継続的に感染防止対策にご協力いただきますようお願いします。

松浦市HP『新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式(ライフスタイル)」の実践』

https://www.city-matsuura.jp/top/soshikikarasagasu/kenkohokenka/4517.html

利用の際の注意事項(※継続して対応をお願いいたします。)

  1. 来所前に検温していただき、利用児童及び、同居世帯の方の中で、発熱及び呼吸器症状が認められる場合、学童の利用をお控えください。
  2. 利用される場合は、原則マスクの着用をお願いいたします。

参考(長崎県HP)

この記事に関するお問い合わせ先

子育て・こども課 こども未来係

〒859-4598
松浦市志佐町里免365番地

電話:0956-72-1111
ファックス:0956-72-5241
子育て・こども課へお問い合わせ

更新日:2020年12月17日