土谷浮立(どやふりゅう)

市指定無形民俗文化財 平成21年9月30日指定

土谷浮立の画像

 由緒起源ははっきりしないが、伊万里木須の浮立から師を迎え、創立されたといわれる。安政六年(1859)の銘鐘があるのでこの前後であろう。太平洋戦争中は土谷の鐘は供出を免除された。土谷浮立も玄蕃流といわれるが学者によれば有馬玄蕃流と類似しているところがあるといわれ、基本的には舞浮立であるという。
 浅谷浮立の多勢の行列による華やかさはないが、こじんまりとまとまった浮立で古式ゆかしい太鼓の所作など対照的である。地元に浮立保存会があり、毎年夏休みに稽古をして保存につとめている。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 文化財課

〒859-4598
松浦市志佐町里免365番地

電話:0956-72-1111
ファックス:0956-72-1115

教育委員会 文化財課へお問い合わせ

更新日:2019年04月01日