松浦市
トップページくらしあそびしごと

松浦市で住宅を取得される皆様へ
(平成29年4月1日以降に取得される方)


 松浦市では、人口の流出を抑制し、定住を促進することで地域の活性化を図るため、市内において住宅及びその宅地を取得する新規転入者および市内在住者に定住奨励金を交付する制度を創設しています。

 この制度は、平成29年3月末までと期間を定めていましたが、平成32年3月まで延長して実施することとしております。なお、延長に併せて交付内容を改め、中古住宅改修等に対する奨励金を追加しておりますので、ご確認の上、申請ください。

※平成29年3月31日までに住宅を取得された方は交付内容が異なりますので、下記の関連情報から「松浦市定住奨励金(平成29年3月31日までに住宅を取得された方)」のページをご覧ください。


◆定住奨励金制度の概要◆

 

1.住宅取得に対する奨励金制度

<奨励金交付対象者>

○新規転入者
 松浦市に転入前3年以上にわたり他の市町村に居住していた方で、定住を目的として転入から5年以内に本市で住宅を取得される場合。

○市内在住者
 新規転入者以外の方で、定住を目的として新たに住宅を取得される場合。

 ただし、市内に既に持ち家がある方の建て替えや増築等は対象となりません。

 また、市長、副市長、教育長並びに松浦市職員定数条例(平成18年松浦市条例第19号)第2条に定める定数内の職員及び第4条に定める定数外の職員並びにその同居の親族は対象となりません。

 

<奨励金交付内容及び交付申請に必要な書類等>

区分 対象経費 交付内容
新規転入者 市内在住者
A型 宅地取得および市内建築業者により建設された新築住宅に係る経費 宅地取得費の10%〜50%
(限度額40万円〜200万円)
※世帯員の所得金額に応じて
助成率(限度額)は変動します。

住宅取得費の7%
(限度額100万円)

最大300万円
宅地取得費の10%
(限度額40万円)

住宅取得費の3%
(限度額50万円)

最大90万円
B型 中古住宅に係る住宅取得に要した経費 住宅(宅地含む)取得費の4%
(限度額40万円)
住宅(宅地含む)取得費の3%
(限度額20万円)
C型 市外建築業者により住宅を建設する際の宅地取得に係る経費 宅地取得費の10%〜50%
(限度額40万円〜200万円)
※世帯員の所得金額に応じて
助成率(限度額)は変動します。
宅地取得費の10%
(限度額40万円)
交付申請に必要な
書類

○松浦市定住奨励金交付申請書

(添付する書類)
(1)住民票の写し(世帯全員)
  取得された住宅に転居後のもの
(2)住宅取得経費を明らかにできる書類
  売買契約書、工事請負契約書の写し、
  それぞれの領収書の写し
(3)取得した土地及び建物の登記事項
  証明書又は建築基準法に基づく検査
  済証の写し
(4)滞納がない旨の証明書等
  市税等の滞納がないことを証明できる
  もの
  転入者は前住所地など課税市町村
  発行のもの
(5)同意書
(6)委任状
  取得した住宅が共有名義の場合
(7)世帯全員分の直近年度の所得証明書
  転入者は前住所地など課税市町村
  発行のもの

  など

○松浦市定住奨励金交付申請書

(添付する書類)
(1)住民票の写し(世帯全員)
  取得された住宅に転居後のもの
(2)住宅取得経費を明らかにできる書類
  売買契約書、工事請負契約書の写し、
  それぞれの領収書の写し
(3)取得した土地及び建物の登記事項
  証明書又は建築基準法に基づく検査
  済証の写し
(4)滞納がない旨の証明書等
  市税等の滞納がないことを証明できる
  もの
(5)同意書
(6)委任状
  取得した住宅が共有名義の場合

  など






○住宅取得に対する定住奨励金 申請から受け取りまでの流れ

 (1)建築業者との契約、工事完成、入居・住民登録完了
 (2)交付申請書の提出(住宅を取得した日から1年以内に申請)
    (交付決定通知)
 (3)奨励金交付請求書の提出
    (奨励金の振込み)
 (4)奨励金の受け取り

 

2.中古住宅改修等に対する奨励金制度

<奨励金交付対象者>

○中古住宅所有者
 売却又は賃貸することを目的に
「松浦市空き家バンク」に登録された中古住宅の所有者が、当該住宅の改修等をする場合。

○中古住宅利用者
 「松浦市空き家バンク」に登録された中古住宅の利用者で、松浦市に定住する意思をもって購入または賃借した当該住宅の改修等をする場合。

 ただし、次の場合は交付対象外となります。
 ・中古住宅所有者からみて3親等以内の親族が、交付対象となる住宅を利用する場合。
 ・外構工事などで、居住の用に供するために直接必要でない改修等の場合。

 また、市長、副市長、教育長並びに松浦市職員定数条例(平成18年松浦市条例第19号)第2条に定める定数内の職員及び第4条に定める定数外の職員並びにその同居の親族は対象となりません。


<奨励金交付内容及び交付申請に必要な書類等>

対象経費 交付内容
中古住宅所有者 中古住宅利用者
空き家バンクに登録された中古住宅の改修および放置された家財道具等の処分等にかかった費用 いずれも対象費用の50%以内(限度額50万円)

※ただし、交付対象物件につき1回限りの交付となります。
交付申請に必要な
書類


○松浦市定住奨励金交付申請書

(添付する書類)
(1)建物の所有者を明らかにできる書類
  空き家バンク登録時に提出していただ
  いた登記事項証明書等の書類
(2)住宅改修等に要した経費を明らかに
 できる書類
  工事請負契約書の写し(改修等の内容
  が分かるもの)、それぞれの領収書の
  写し
(3)改修前、改修後の写真
(4)滞納がない旨の証明書
  市税等の滞納がないことを証明できる
  もの。
(5)同意書
(6)委任状
  対象となる住宅が共有名義の場合

  など


 


○松浦市定住奨励金交付申請書

(添付する書類)
(1)建物の所有者を明らかにできる書類
  利用する中古住宅の所有者が、空き家
  バンク登録時に提出した登記事項証明
  書等の書類
(2)住宅改修等に要した経費を明らかに
 できる書類
  工事請負契約書の写し(改修等の内容
  が分かるもの)、それぞれの領収書の
  写し
(3)改修前、改修後の写真
(4)滞納がない旨の証明書
  市税等の滞納がないことを証明できる
  もの
  転入者は前住所地など課税市町村発行
  のもの
(5)住民票の写し(世帯員全員)
(6)住宅改修にかかる承諾書
(7)同意書

  など 



○住宅改修等に対する定住奨励金 申請から受け取りまでの流れ

<中古住宅所有者が住宅改修等を行う場合>

 (1)空き家バンクへの中古住宅の登録
 (2)建築業者との契約、工事完成
   ※工事施工前後の施工箇所の写真を撮影してください。
 (3)交付申請書の提出(工事完成から1年以内に申請)
    (交付決定通知)
 (4)奨励金交付請求書の提出
    (奨励金の振込み)
 (5)奨励金の受け取り 


<中古住宅利用者が住宅改修等を行う場合>

 (1)空き家バンクに登録された中古住宅の物件交渉申込、交渉成立
 (2)中古住宅所有者への住宅改修等に対する承諾願い、承諾
 (3)建築業者との契約、工事完成、入居・住民登録完了
   ※工事施工前後の施工箇所の写真を撮影してください。
 (4)交付申請書の提出(工事完成から1年以内に申請)
    (交付決定通知)
 (5)奨励金交付請求書の提出
    (奨励金の振込み)
 (6)奨励金の受け取り


 


関連情報

ダウンロード

−問合せ先−
政策企画課 企画統計係
電話0956-72-1111 内線315・316
FAX0956-72-1115

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。


トップページへ