松浦市
トップページくらしあそびしごと

「AR蒙古襲来」がアプリで相互連携しました!


 松浦市では、国史跡鷹島神崎遺跡で発見された沈没船を公開・活用するため、元寇船を推定復元したCGを制作し、AR(拡張現実)システムの技術を活用したスマートフォン用アプリ「AR蒙古襲来〜甦る元寇船〜」を制作しました。
 松浦市立埋蔵文化財センターの入館者の増大と松浦市への交流人口を拡大のため、近隣でスマートフォン用アプリを導入されていた佐賀県立名護屋城博物館との相互のアプリで連携をいたしました。
 本市のアプリ「AR蒙古襲来〜甦る元寇船〜」から、近隣のアプリのご紹介ということで、佐賀県立名護屋城博物館のアプリケーション、1.「VR名護屋城」、2.「肥前名護屋城の謎の謎を解く」、3.「名護屋城巡り」の3つのアプリケーションの紹介をしております。
 松浦市立埋蔵文化財センターにお立ち寄りの際は、唐津市の佐賀県立名護屋城博物館へお立ち寄りいただいて、是非、相互のアプリをお楽しみください。また、佐賀県立名護屋城博物館にお越しの際は、少し足を伸ばしていただき、松浦市立埋蔵文化財センターへお立ち寄りくださいますようお願いいたします。
 

肥前名護屋城チラシ

関連情報

リンク

 



−問合せ先−
教育委員会 文化財課
電話0956-72-1111
FAX0956-72-1115


トップページへ