松浦市
トップページくらしあそびしごと
イベントカレンダー
特産品
観光スポット
歴史・文化
イベント
交通アクセス
宿泊先
e-matsuura
海のふるさと館
体験型旅行
リンク集

鷹島海底遺跡で元の軍船発見!!


元の軍船 
 (写真 琉球大学考古学研究室提供) 
 
 鷹島沖伊万里湾で、730年前の元の軍船が発見されました。
 発見したのは、平成23年9月30日から10月23日まで鷹島海底遺跡を調査していた琉球大学 池田榮史教授らの研究グループ。鷹島町神崎免米ノ内鼻の沖合い約200m、水深20mから25mの海底を約1m掘り下げたところからこの軍船を発見しました。
 この情報は池田教授から10月24日に長崎県庁記者クラブにおいて報道機関各社に発表され、翌日からの新聞などで大々的に報道されました。
これまで鷹島南岸では、元軍殲滅の地として船の部材や椗・碇石など船舶に関する遺物、「てつはう」や鉄製冑などの武器・武具などは出土していましたが、船の船体そのものは発見されていませんでした。軍船の実態は、『蒙古襲来絵詞』で知ることができますが、その実物が海底に実在したことは、世界史的にも大変貴重な発見です。
今回見つかったのは、船底の背骨にあたる竜骨(キール)と呼ばれる部分と、その周辺に整然と並んだ外板。確認できた竜骨の大きさは、幅約50cm、長さ約12mで、想定される船の長さは20m級と見られています。また、船材の上部からは中国製の陶磁器や「てつはう」の破片、磚(レンガ)なども多数発見されています。
 池田教授らによる発掘調査は来年度以降も継続して行われる予定です。
池田教授らによる発掘調査の映像を松浦市立埋蔵文化財センターガイダンス施設で放映しています。
 
 
鷹島歴史民俗資料館内 
 (写真 鷹島歴史民俗資料館内 平成23年11月2日)

関連情報

−問合せ先−
教育委員会 文化財課
電話0956-72-1111
FAX0956-72-1115