松浦市
トップページくらしあそびしごと
防災情報
相談窓口
誕生
子育て
入園・入学
成人
就職・企業
住まい・引越し
結婚
健康・医療
高齢・介護
おくやみ
上・下水道
環境・ごみ
道路・河川
生涯学習
スポーツ
税金
申請書ダウンロード
休日当番
カレンダー

水道管の凍結対策について


1.水道管の凍結対策

 気温がマイナス4度以下(風当たりの強い所はマイナス1〜2度)になると、水道管が凍結して、水が出なくなったり、破裂することがあります。事前に点検し、早めの対策をお願いします。

○水道管の凍りやすい場所

・屋外で風が直接吹き付ける場所にある水道管
・屋外で北側の日陰にある水道管
・むき出しになっている水道管(露出管)
・温水器のむき出しになっている配管部分

○凍結対策のしかた

水道管の凍結対策

・露出管には保温材を巻いてください。保温材がない場合は、不用なタオルや布等で覆い、ひもで縛ってください。濡れないように上からビニールテープ等を巻くと効果的です。

メーターボックスの凍結対策

・メーターボックスの中に、布や発泡材を入れたビニール袋を詰めて、メーターボックスの上にダンボール等をのせて防寒してください。

・水道管内の水を抜く対策を行う場合は、メーターボックス内の元栓を閉めてから、蛇口の位置が高い順に開けていき、最後に一番低い所の蛇口を開けて水道管内の水をできるだけ抜いてください。
 ※指定工事店に依頼して、なるべく低い所に水抜栓を付けておくことをお薦めいたします。
 
・蛇口から少量の水を出し続ける方法でも凍結を予防できますが、凍りやすい全ての蛇口から水を出しておかないと凍りやすい所が残ったり、破損した時に漏水がひどくなり水道代が高くなる可能性があります。

・給湯器や温水器等は、取扱説明書の手順に従って水を抜いてください。

2.水道管が凍結したり、断水になったら

・凍結しているところが解けたときに、漏水があることも考えられますので、まず、メーターボックス内の元栓を右に回して閉めてください。

・凍結したら、氷が自然に解けるのを待ちましょう。解けているかを確認するには、蛇口を開けてから元栓を開けて、水道メーターが回るかを見てください。

・破損していたら3、それ以外は4をご覧ください。

3.水道管が破損したときは

・メーターボックス内の元栓を閉めて修理をお申込みください。
【修理の依頼先】
 ・宅地内の修理 → 松浦市指定給水装置工事事業者(指定工事店)へ
 ・給湯器、温水器の修理    → 取付業者へ
 ・アパートやマンションの施設 → 管理会社か大家さんに連絡してください。

  ※宅地内に引き込んでいる水道管(給水管)は、個人の所有物になりますので、修理費用は個人負担になります。

4.水が出ない場合

メーターボックスの元栓の閉め方

 蛇口を開けてメーターボックス内の元栓を開けたとき、水道メーターが回らなければ、断水しているか、本管から元栓までに何らかの異常があると考えられます。
 そのときは、本管から元栓までの間に漏水がないか確認し、漏水がなければ、元栓を閉めた後に上下水道課まで連絡をお願いします。

 断水復旧後、元栓を開けて水道メーターが回ったら、蛇口を全て閉めてみてください。
 家の蛇口を全て閉めて水道メーターも止まれば、漏水はありません。水道の使用が可能です。
 蛇口を全て閉めても水道メーターが止まらない場合、漏水が考えられますので、元栓を閉めて水道の指定工事店にご相談ください。

メーターで漏水を確認するには

 なお、寒波による凍結の場合、普段人目につかない場所で漏水している場合があり、それが原因で水圧が低下したり、水が出なくなる場合がありますので、お近くに空家・公民館等がある場合は、併せて点検・報告して頂けますと助かります。

5.配水池の水位低下で断水となったとき

 漏水箇所が非常に多くなると、配水池の水位が急激に下がるため、水が供給できなくなり断水することがあります。
 この場合は、断水のお知らせを防災無線で放送しますので、(再給水がスムーズに行くように、また濁った水が入らないように)メーターボックス内の元栓を閉めて、復旧までお待ちください。

 なお、緊急時には漏水箇所の発見、配水池の水位復旧のために、上下水道課の職員やメーター検針員が宅地内に入らせていただき元栓を閉めることがありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
 


−問合せ先−
上下水道課 水道業務係
電話0956‐72‐1111 内線131
FAX0956-72-1616



カレンダー行事 カレンダーごみ カレンダー子育て